お仕事帰りやお休みの日など気軽にスポーツのできる公園

AEDってどんなもの???

Automated External Defibrillator の 頭文字をとったもので、「自動体外式除細動器」といいます。疾病者の意識がない場合、電源を入れ、電極(シール)を指定された場所に貼り付けると、機械が心電図を解析し、音声により操作を指示し、必要な場合のみ電気ショックを与えるものです。往来から行われている心肺蘇生法(CPR)と組み合わせることで、より効果的な応急手当が可能となります。

心疾患による年間死亡数は、年々増加傾向にあります。th特に、スポーツ活動中での突然死が相次ぎ、その原因である「心室細動」thに対処できる自動体外式除細動器(AED)が、府内の公共施設を中心にth順次、配備されています。

伏見港公園では、平成16年12月10日より、「25mプール指導員室」と、正面玄関横「自動販売機」にそれぞれ配備しています。